FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

とある駅の多目的トイレでの出来事


他のところの記事として書いたことですが、転記させていただきます
愚痴として聴いて欲しいことと、皆さんの感想も聴きたくて
相当長くなると思いますことをご承知の方、お付き合い下さいませ


先日、東京に行ったときの話しです
ディアンドルにカーデを羽織った あすか の姿で、朝からの行動です
荷物をターミナル駅に預けたりした後、オクフェス会場最寄り駅へ
地下鉄を使って移動  オクフェス会場入り前の最後の身支度として
地下鉄駅にある多目的トイレをお借りいたしました

女装女子になってから、やっぱり、多目的トイレが安心出来るので
使わせていただいております
最近は、表示とかも、男女共用の表示や「だれでもトイレ」な表示やら
女装女子にも使わせていただきやすくなってきております
ただ、障がいがあったり、カラダのことでこのトイレじゃなければ使えない
そんな方の存在は、常に頭の中に置いています
その方たちのご迷惑にならないように、使わせていただいているつもり
なので、女装解除に使わせていただくときは、10分以内に
メイク直しはしても、ここでの女装女子とか、メイクを一からとかはやらない

今回は、会場入り前の用足しと、メイクチェックと、アクセサリー装着
そのために使おうと決めていきました (あらかじめ時間の見積もりです)
ただ、入ったところ、便座にどなたかの飛び散りものが少々あって
どうしようかなと思ったけど、横を見ると、除菌スプレーもあるしと
便座掃除から始めたわたし

便座をキレイにして、その後、もう一度除菌スプレー使って拭いて
どっこいしょと・・・
あースッキリ・・・  と想っていたら、外のドアを結構強く、ドンドンドンと
その音に、けっこうな意思を感じたわたし
そうか、便座掃除もあったから時間がかかっていたしね(乾燥が手強く)

予定を変更して、アクセは会場入りしてからと
身支度整えて、着ていたカーデを畳んでカバンに詰め込み
その代わりに、ディアンドルエプロンを出して、身に着けて
手を洗って・・・
ベビーベッドとお子ちゃま椅子が出しっ放しのを目視で確認
でも、いいかぁ~と

多目的トイレの扉の鍵を外し、扉を開けましたら・・・
鬼のような形相をして、鬼のような視線の、小鬼のようなおばあさんが

「おまたせして、すみません」 
と、ひと言かけで出ようとしたのですが、さっそく小鬼に捕まってしまって

お小言タイム(鬼のような形相の視線付き)が始まりました

まずは、ここはみんなが使うところだから、着替えとかはもってのほか
  (はいはい、もちろんそう思っていますよ)
こういうところを違った使い方をして、とんでもない
  (たしかに、でもわたしは常識の範囲で使わせていただいてるつもりよ)
待って居る人もいるのだから、迷惑になるとか何とか
  (「中の便座が汚れてて」 と最初の抵抗を試みましたけど)
(中のゴミ箱を見て)あなたがゴミを捨てたんでしょ
  (いやいや、極力そういうことは避けていることでございます)
ベッドとか椅子とか使いっ放しにしていて、片付けなさい
  (たしかにそうだけど、元々そうだったし)
あなたが使ったんでしょ、片付けなさい

と、ここでわたし、最初の 「お待たせしました・・・」 に続く言葉を

「わたしが入った時も、このままになっていましたので」

次に返ってきた言葉で、一瞬の対応にブレが生じたわたし・・・

えっ、あなた、男ッ?

まるで、男性が女性トイレを使っていたかのような感じでの応対
もしもわたしが、女装女子じゃなかったら、ゲリラ戦勃発かも・・・

でもいまは、ディアンドルの女装女子、これからオクフェスを楽しみに行く
いや、それ以前に、わたしの態度如何で、女装さんに迷惑掛けられない
ここは大人しく、引き下がるしかないと・・・

一瞬の、ココロの動揺と、対応のブレが
もう、これ以上やっててもしょうがないので、も一度中に入って
ベッド(上に置かれていたゴミも片付け)と、チャイルド椅子を畳んで
多目的トイレの入口に、鬼のような形相のままの小鬼殿に・・・

「失礼しました」

と、ひと声掛けて、そこを出ようとしました
(敗北では無く、円満解決策を探してですよ、だって、女子だもの)

「こんな使い方をしている人がいて困るって、駅員さんに言っておきますから」


もう、わたしにとっては、ノープロブレムです
駅員さんに言おうがどうしようが、ご自由にどうぞ
だいたいそういう人の過半数は言わないだろうし
なんだか、小学生の喧嘩の最後のひと下りみたいで・・・
わたしはそれよりも、オクフェスの会場に行きたいのよ


そこのトイレの構造では、一端スロープを下りながら、出口には
もう一度そのトイレから一段下がった通路を通るようになっていました

小鬼殿!の鬼のような視線を背中で感じながら、小鬼殿が中に入る
そんな気配を感じながら背を向けて歩いていきました・・・
ところが、スロープを下りきって、出口に向かってトイレの下を通ろうと
向かって行こうとしたところ、もう一度多目的トイレから、小鬼殿!出現

今度は何??

小鬼殿!わたしより2m程高い場所から、わたしを見おろしながら
鬼のような形相のままで、さらに鬼のような視線で、お見送りして下さって


わたしね、最初のノックのどんどん、相当切羽詰まっていると思ったの
だから、予定を変えて急いで出て、お待たせのお詫びして
そしたら、さきほどのやりとりでしょ、おまけに、鬼のような視線でのお見送り
余裕有ったのね~   なーんだ・・・

多目的トイレ、いまは、誰でもトイレという言い方も増えてきて
女装女子にとっては、有りがたい存在ね
そのトイレは、使い必要がある人は、誰でも使えるトイレ
きっと、小鬼のようなおばあさんも、膝とか腰とかが痛かったりして
立ち座りのためには、広くて手すりも付いているトイレが必要ね

わたしは、女装女子として、男性のトイレに入って驚かさなくてすむよう
多目的トイレがあるときは使わせていただいているの
それぞれに、それぞれの使う理由があるのよね
もちろん、後の人のことを気にして、時間も気にして、必要最小限に
その気持ちと、この方はどうしてここを使うのかの想像力も必要
そうしなければ、あんたは健常者でしょ! になっちゃうのね

でもそれは、見た目だけでしょ
内部疾患の人もいるし、オストメイトの必要な方は外からわからない
見た目だけじゃないのよ、見た目で伝えられたら・・・
あっ、わたし、女装女子って、見た目でわかるわよね
えっ、最初は、ただの大きな女の子だって思った、ありがとう~
でも、女装女子として、最小限に使わせていただきたいと思うのね


あー、書いていて、疲れました
でも、せっかく書いたので、このままアップしておきます
もしかしたら、そのうちに限定記事にするかも知れませんが
何もなければ、出来るだけ多くの人の意見もいただきたいし
女装女子として、多目的トイレを使わせていただくときの心がまえを
もう一度しっかりしておきたいのね

お付き合い、ありがとうございました



【追伸】
オクフェスを楽しんだ帰り道、同じ地下鉄駅からふたたび乗りました
その多目的トイレの前には、もう、鬼のような形相の小鬼殿!はおらず・・・

乗車の改札、モバイルSuicaで Touch & Go  する前に・・・
駅員さんにちょっとお詫びをしに

今日の午前中にここの駅のあそこのトイレで、こういうことを言われました
駅の方にもご迷惑を掛けたかも知れません・・・  と

駅員さんからは、そんな話しは届いていないですよ と返ってきました

そうですか、使わせていただいてありがとうございました と、わたし
余計なことを聴いたかなと想いながらも
女装の一人、いや、その場では女装の代表者として対応しなければと
周りの皆さんに、ご迷惑は掛けないように・・・  と
関連記事
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

人には色々と事情があるので表面に見えることだけでは分からないですよね。そういうところまで想像が及べば頭ごなしに怒る事はなくなると思うのですが・・・

話を読んでババアにムカついてしまいました。しかし、そのくそババアにも事情があった可能性もある訳でして、ムカつくけど、これで終わったみたいなので良いんじゃないでしょうか。

こういう話は僕にもありまして、勘違いで犯人扱いされたりとか(その場で収まったり解決したりで何とかなりましたが)今思い出してもムカついたりします。

書くと長くなるので止めときますが、あすかさんの話を聞いて思い出して怒りがこみ上げてきました。

でも、スマートに処理しないといけませんのでね・・・(心の中では死んだ方がマシというような苦痛を与えてやりたいと思っていますが)バカと戦っても意味ないですからね。


1つ思うのは、そういうふうに執拗に人に怒ったりする人に限って、ご自分が迷惑行為を自然に平気で気づかずに頻繁にやる人だったりします。実は自分が同じことやるんです。この傾向はあると思います。


Re: No title

めいさ さん

> 1つ思うのは、そういうふうに執拗に人に怒ったりする人に限って、ご自分が迷惑行為を自然に平気で気づかずに頻繁にやる人だったりします。実は自分が同じことやるんです。この傾向はあると思います。

これ、ありますよね
だいたい、今回の小鬼殿! いろんなところでやってんだろうなって思いました
わたしも、でかい女がちゃらちゃらした格好をして・・・  が第一印象かな
そこに、声でオトコとわかったからね
わたしは、後で想い返して、にやけてしまっておりますけどね

こんな体験もなかなか出来ないので、結果オーライです
それにしても、見る目ないわね(想像力ないわね)
わたしを、女だと思い込むなんて~  (まずは、体格的にね)
line
line

line
プロフィール

あすか

Author:あすか
あすかの過去と今を見つめてます
2014年の夏に初めてのドライオガズムを体験したことをきっかけに、十年以上前の記憶に触れてしまい、押さえきれなくなり、ちょこっと引っ張り出したことがこのブログのきっかけです
時と場所を超えては、以前の記憶の中に刻まれたタイトルなの
いまは、ドライの体験以来、自身の女子化を進めてしまっております

内容は、わたしの性性格(自己女性化愛好症でマゾ)・・・を元にマゾな女子として自らの手だったりで行っている行為なども書いていますので、青少年の皆さん、また、女子化や、マゾ的世界がお嫌いな方は、お入りになられませぬように・・・

「きおく」以下のカテゴリは、私が過去に「時と場所を超えて」と題したHPに掲載していたものを転載しております
ある意味、「原点」に当たる部分です

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
FC2カウンター
line
検索フォーム
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。