FC2ブログ

パンプスを修理してみました


お散歩外出の時にいつもお世話になる、黒のパンプス
わたしに合うサイズの女子靴なんて、ほんとうに見当たりません
このパンプスは 女装の山田屋 さんで買わせていただいたもの
もうすぐ、半年になります

けっこうムリをさせて履いているパンプスですので、傷みも激しく

DSCN5078.jpg

普段の靴も同様に外側が減ってしまう右足
パンプスのヒールの部分が擦り切れてしまいました

そして、左足に至っては、なぜか

DSCN5084.jpg

つま先に穴が開いてしまっているのです

このままでは、そう遠くないうちに履けなくなってしまいます
代わりのパンプスを買えばいいのでしょうけど、わたしの足の形では
このデザインのパンプスしか履けないのです

予備として、まだ在庫のあった クリーム色の同じ形のパンプスは買ったけど
やっぱり、黒のパンプスの方が足元が引き締まります


ネットでいろいろと調べてみました

「パンプス ヒール 修理」 とかね
ヒールの部分、「トップリフト」 と言うのですね 初めて知りました
ただ、ピンヒールのトップリフトの替え素材は売っているのですが
このようにわりと広めの面積のものはありませんでした

仕方が無いので,ゴムの靴底を加工することに

DSCN5217.jpg

とりあえず、トップリフトの靴底は修理が出来、しばらくは履けそうです

ただ、思った以上に素材の厚さの関係から高くなってしまいました
これでは余計、つま先の方が擦れやすくなります

それならばと、ダメ元でつま先の方も自己流で直してみました
ラバーシートの修理用の靴底と、削れた部分を埋めるベースと黒のクリームで
ラバーシートは柔らかいものじゃ無いと、靴底のカーブに合わせることができません
買い直して貼り直したりしてみました

DSCN5212.jpg

これが修理完了のパンプス

見た目は素人細工がありありですが、履くのは夜であることがほとんどです
気にはならないでしょう

あとは、耐久性の面がどう出るかですね
これでもう半年ばかり履けるなら、嬉しいですね
その間に、欠品となっている黒のこのパンプスが再販されることを願いましょう

今夜、修理完了のパンプスの試し履きに行って見たいと思います
関連記事
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
プロフィール

あすか

Author:あすか
あすかの過去と今を見つめてます
2014年の夏に初めてのドライオガズムを体験したことをきっかけに、十年以上前の記憶に触れてしまい、押さえきれなくなり、ちょこっと引っ張り出したことがこのブログのきっかけです
時と場所を超えては、以前の記憶の中に刻まれたタイトルなの
いまは、ドライの体験以来、自身の女子化を進めてしまっております

内容は、わたしの性性格(自己女性化愛好症でマゾ)・・・を元にマゾな女子として自らの手だったりで行っている行為なども書いていますので、青少年の皆さん、また、女子化や、マゾ的世界がお嫌いな方は、お入りになられませぬように・・・

「きおく」以下のカテゴリは、私が過去に「時と場所を超えて」と題したHPに掲載していたものを転載しております
ある意味、「原点」に当たる部分です

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
FC2カウンター
line
検索フォーム
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line