FC2ブログ

制服

わたしは制服が好きです
着ることも、見ることも
学生さんの服も、OLのものも
かわいいから

だけど、普段のわたしはあまり着たくないの
そんなかわいい制服を着ることができないから



女性の制服って大好きです。
そのくせに、普段のわたしは制服はあまり着たくありません。それは、かわいくないから。
女性の制服をかわいく想うのは、わたしが違う性を持っているせいでしょうか。無いものへのあこがれかもしれません。
カクカク角張ったり、いわゆる“ビシッ”としてものではなく、女性服特有な“ナチュラルな”カーブを描くところが好き。スカートのような不安定な感覚がすき。女性の魅力を引き出してくれるところ。“強さ”ではなく、“やさしさ”や“壊れそう”な感じが好き。

壊れる感じといえば、制服を着た女の子が虐められたり、レイプされたりって考えてしまいます。それは、わたしが女性になってしていただきたいこと。
昔みたSM誌の記憶。縛られたセーラー服。スケバンのリンチ、土手焼き。婦人警官の陵辱。生け贄のOL。
美しいもの、大切にしておきたいものが汚される瞬間、そのせつなさが好きです。
でもそれは、普段の性とは違うわたしだからかもしれません。本当に女性だったら、いろいろな恐怖からそれは望んではいないでしょう。

女学生の制服を着て、そんなことを想ったりしています。
それは、ほんのひとときだけの夢の時間。わたしが、女の子になれる時間。女の子のわたしを虐めてみたり、辱めてみることができる時間。
現実ではないから、持てるそんなときが好きです。
いつかは、本物の女学生になりたいと想いながら。

わたしにとって、制服は、そんな夢空間へのパスポートなのかもしれません。
関連記事
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
プロフィール

あすか

Author:あすか
あすかの過去と今を見つめてます
2014年の夏に初めてのドライオガズムを体験したことをきっかけに、十年以上前の記憶に触れてしまい、押さえきれなくなり、ちょこっと引っ張り出したことがこのブログのきっかけです
時と場所を超えては、以前の記憶の中に刻まれたタイトルなの
いまは、ドライの体験以来、自身の女子化を進めてしまっております

内容は、わたしの性性格(自己女性化愛好症でマゾ)・・・を元にマゾな女子として自らの手だったりで行っている行為なども書いていますので、青少年の皆さん、また、女子化や、マゾ的世界がお嫌いな方は、お入りになられませぬように・・・

「きおく」以下のカテゴリは、私が過去に「時と場所を超えて」と題したHPに掲載していたものを転載しております
ある意味、「原点」に当たる部分です

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
FC2カウンター
line
検索フォーム
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line