FC2ブログ

けさのクロッチのシミ

夕べは疲れていたので、いつもよりもだいぶ早く寝ました
夜中の2時くらいに一度目が醒め、もう一度眠りに落ち
朝の6時少し前に、目が覚めたと思います

ここ数日、朝のお布団の中での乳首オナ
疲れが取れなかったせいか、そんな気持ちにもなれずに
でもけさは、しっかり眠れたのでしょうか、そんな気持ちに
いつものように
ひと晩中タックの状態のビーナスの丘に手を這わせ
ツルンとした状態の下腹部に女子を感じていきます
Tシャツをまくり、キャミソールの脇から手を入れて
少し膨らんできている、乳房を手のひらで揉みしだいて
やがて、指先が乳首に触れて
わたしの口から、軽いあえぎと、吐息が

あとは、気持ちの続く限り、時間の許す限り
乳首のくすぐったいような感触は程なくして
下腹部の、子宮のあたりにムズムズした快感を呼び
それをだんだん育てて行って
1度か2度 軽く逝ってしまうわたし
はじめのうちは、インターバルを取りながら
やがて、その波が2段で押し寄せてくるようになると
カラダを硬直して、軽く振るわせながら逝ってしまうように
逝ったあと、「じわっ」とにじみ出る感触が
わたしのクリに感じて

そうなってくるとあとは、乳首をいじり続けると
頭の中がお花畑のような状態になりつづけて
波がだんだんと大きくなっていって、最後に逝って
逝く時の逝く時間もだんだんと長くなって逝って
波が引いた時の、クリに感じる「じわっ」も意識して
最後の方はもう、頭の中がお花畑になりっぱなし
そして、繰り返すように波がやって来て、逝って
もう、訳がわからなくなりそうで

DSC_7498.jpg 

目覚まし時計に助けられて、身体を起こしておトイレに
ショーツのクロッチには、少しシミができていました
そうね、何回も女子逝きして、クリから「じわっ」って

そんなシミを見て、愛液で濡れてしまった女子を思って
わたしも、そんな女子なんだって
ショーツのクロッチにできたシミは、朝から
乳首オナで逝き狂った、恥ずかしい女子の証です
関連記事
line

30分、1時間があっという間に

今朝も、お布団の中での朝オナ

女子学生スラックスの上から、つるっとした丘に手を這わせて
その下に感じる、ショーツの刺繍の手ざわりにシアワセを感じて

チュニックシャツをめくり上げ、キャミの上から
膨らんだ突起をなでると、シアワセを感じる

キャミの脇から両手を入れて、胸のふくらみを揉み
女子としての朝を迎える、わたし

以前ほどの敏感さがなくなった乳首
そんな乳首を指先でコリコリとさせると
やがて、頭の中が痺れてくる感じがする

下腹部にも淡い快感が湧き起こってきて
足を広げ、腰をモゾモゾと動かしはじめて
会陰部のその部分を意識して

やがて、クリの先に何かがにじみ出る感覚が
スラックスのファスナーを開けて、ショーツの中に手を
無毛の丘を下がりながら、先が濡れたクリを会陰に押して

その先端を潤滑液に頼りながらツルツルとして
空いた指で、会陰のその部分を擦り付けて
頭の中に、お花が咲いたようなピンクな状態になって


今日は、逝くことはでき無かったけど
満たされた感じで、シアワセな感じで
いつまでもコウしていたい、もっともっと、登り詰めたい

そんな事を想いながら、気がつくとギリギリの時間に
もう、起きなきゃ
女子オナはじめて30分はトウに過ぎ、1時間に近い

お布団から起き上がり、パソコンの前に座っても
下腹部に淡い疼きが残っているのを感じている、わたし

こんな朝、すき
やめられない
もっともっと、女子になりたい
関連記事
line

がまんができなくなって

わたしの場合、カラダが疼くというよりは、乳首が欲するの

時折、乳首を涙が出るくらいに、虐めてもらいたくなるの

この前の時はちょうど、ひと月まえだった、雪の公園

昨日は、朝から、お布団の中で、そんなモードになっていて


以前から時折連絡を下さる方、前にいただいたときは

わたしの気持ちがそうなっていなかったので

また、都合のよいときに・・・

となっていたのね

その方に、布団の中からメール


ちょうど、3月の卒業シーズンだったから、セーラー服で

卒業式の女子高生の気持ちでお出かけしました


わたしの車の中で、並んで座って

さっそく、スカートやストッキング、そして胸をさわられ

小さくあえぎ声を上げてしまって

セーフなお口で気持ちよくなっていただきました


「気持ちよかったよ」

っていわれると、わたしのカラダで気持ちよくなってくれて

そんな気持ちで、シアワセを感じてしまいます

特別な人でもないのにね・・・


乳首、ちょっとしか弄んでいただけなかったので

もう一カ所、夜のお散歩に

こちらでは、涙が出るくらいに、乳首をいじめていただいて

それでもがまんできないわたしは、一人で残って

寒くなってきた夜の公園で、ひとり、乳首オナをして

あえぎ声まで出ちゃって、そのうち、軽く逝っちゃって


誰かが来たら、そのまま虐めてもらいたいって

耳だけは足音を探し求めていました


そのあと、10分くらいかけて公園を一周して

その間、セーラー服の裾から手を入れて、乳首をつまみ上げて

痛みで、内股でやっと歩く感じ

誰が見ても、おかしな格好ね

でも、そんなときは誰にも会わなかったのね



1日たったいまも、乳首、ブラにすれるとヒリヒリとしています

これだけやってあげたら、しばらくはがまんできるかしら

女子としてのわたしを大切にしたいと言いながら

我慢できなくなったわたしは、お出かけしてしまうのね

だれか、定期的に乳首を虐めて、育ててくれないかしら

関連記事
line
line

line
プロフィール

あすか

Author:あすか
あすかの過去と今を見つめてます
2014年の夏に初めてのドライオガズムを体験したことをきっかけに、十年以上前の記憶に触れてしまい、押さえきれなくなり、ちょこっと引っ張り出したことがこのブログのきっかけです
時と場所を超えては、以前の記憶の中に刻まれたタイトルなの
いまは、ドライの体験以来、自身の女子化を進めてしまっております

内容は、わたしの性性格(自己女性化愛好症でマゾ)・・・を元にマゾな女子として自らの手だったりで行っている行為なども書いていますので、青少年の皆さん、また、女子化や、マゾ的世界がお嫌いな方は、お入りになられませぬように・・・

「きおく」以下のカテゴリは、私が過去に「時と場所を超えて」と題したHPに掲載していたものを転載しております
ある意味、「原点」に当たる部分です

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
FC2カウンター
line
検索フォーム
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line