FC2ブログ

ヤマボウシの咲く朝に  ~新しい朝

おはようござます
いいお天気、朝のお陽さまの笑顔が輝いているみたい
旅の空から、あすか です

今朝の わたし、なんだかいつもと違う感じがします
カラダに昨日の余韻を少し感じながら迎える
新しい朝
今日も、新しい朝を迎えられたことに、感謝ですね
そして、わたしの中に残っている、新たな感覚にも感謝

昨日は、新しい あすか に出会うことができました
わたしって、こんなんだったっけ
そして、新しい笑顔に出会うこともできました
その笑顔は、わたしのココロの中にしっかりと刻みつけていただいて
いまも残る、カラダの余韻が、そのことを思い起こさせてくれます

少しの間、思い悩んだけど、前に進んだことは良かったことと
踏み出す勇気と、その数倍のわたしに残されたものと
そんな、不思議な感覚の、新しい朝でした

旅の空の、新しい朝  ちょっとお散歩に・・・

DSCN3050.jpg

いいですね、旅先の街は
みなさん、わたしのことは知らないし、ちょっとばかり女子な格好をしていても気にしない
それがいいのね、好き~

そんな街は、ヤマボウシの白い花が可憐に咲いていました
真っ白じゃなくて、アイボリーぽい少し色味がかった色が好き
あまり、キレイすぎない方がいい・・・?

いろんなお花、暑い夏も寒い冬も、いろんな時を超えてくるから美しい
そんな姿に、ココロを引かれるのかな
朝日に輝く、目の前の ヤマボウシも
そして・・・
たしかな記憶もね

そんな、可憐な花を眺めながら・・・

DSCN3072.jpg

昨日のひとときを、思い起こしていました

頬に残る、たしかな名残を感じながらね・・・


ヤマボウシの花言葉は 「友情」 だそうです

(もちろん、続きますよ)
関連記事
line

ココロを素手でさわってもらえたら

痛いのかしら?
それとも、鳥肌が立つように、ココロにさざ波が立つのかしら?
それとも・・・
ココロを素手でふれてもらえるって、きっと、ステキなことだと
そしていっしょに、どこか・・・ せつない感覚があるのかも
あのときの感じと、同じだと思うのね



「なんだか、ココロを直接さわっていただいたような感じがして」

たしか、そんな会話だと思った
なんの劇画だったのか、どこの映像のシーンだったのか

この言葉が成り立つにはきっと
言葉にはできないかもしれないけど
お互いに感じあえる信頼感があるからこそのことではないのかな

ココロを直接さわるって
もしかすると、ココロを直接、鷲掴みされたり、パンチを入れられたり
そんなことが心配になれば、お互いの信頼感は成り立たないよね

だから
ココロを直接さわるなんて言うことは、実際にはできるわけないけど
交わす言葉が
ふれあう指先が
流れる吐息が
視線の交わりが
与えていただく痛みが
ほんのひとときの笑顔が
そこにいる人と人との存在が

もっと、もっとたくさんの要素が
いいえ、そこにお互いにいることが
そして、お互いに・・・

ココロを直接さわりあったような感じがしていれば
ココロを素手で触れあっているってこと
ココロにさざ波が立たなきゃわかんないし
ココロがせつなさにむせび泣くから、わたしも感じるし

目の前に、目を合わせてくれる方がいれば
痛くなんてないものね

たとえ、身体が痛かったとしても、ココロはシアワセだなんだろうなぁ
関連記事
line

つのる気持ち

この前の気持ちはやっぱり
日を追うごとに高まってきてしまいました
つのる気持ち
わたしはもう、気持ちを決めてしまいました
いまは・・・ つのる気持ち

つのる想い・・・ に変わることはあるの?



誰かの目の前に、晒されたい気持ちがふくらみます
女子として、恥ずかしい姿を
わたしは、そんなわたし自身に、羞恥とともに悦びを感じるのかしら
あのときも・・・  そうでしたから

近いうちに、お出かけする予定ができました
その機会にと思う気持ちがつのり、そんな妄想ばかり
今は、女子として辱められたい、メチャメチャにされたい気持ちがつのっている
もう、押しとどめられそうにないの

つのる気持ち
もしかしたら、つのる想いに変わっていくこともあるのかもしれません
あのときも・・・  そうでしたから

遊びに来るつもりで・・・・
って、言っていただけるのだけど、わたしはただの遊びはだめみたい
とことん、のめり込むタイプですからね
今回は、もし、今回会ったとしたら、どうなるのかしら

いまは、遊びにではなくて
自らを差し出して、面接を受けに行く感じかしら
あくまでも、女子としての気持ちは、受け身なのね
関連記事
line
line

line
プロフィール

あすか

Author:あすか
あすかの過去と今を見つめてます
2014年の夏に初めてのドライオガズムを体験したことをきっかけに、十年以上前の記憶に触れてしまい、押さえきれなくなり、ちょこっと引っ張り出したことがこのブログのきっかけです
時と場所を超えては、以前の記憶の中に刻まれたタイトルなの
いまは、ドライの体験以来、自身の女子化を進めてしまっております

内容は、わたしの性性格(自己女性化愛好症でマゾ)・・・を元にマゾな女子として自らの手だったりで行っている行為なども書いていますので、青少年の皆さん、また、女子化や、マゾ的世界がお嫌いな方は、お入りになられませぬように・・・

「きおく」以下のカテゴリは、私が過去に「時と場所を超えて」と題したHPに掲載していたものを転載しております
ある意味、「原点」に当たる部分です

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
FC2カウンター
line
検索フォーム
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line