FC2ブログ

まだうまく、コツがつかめません

秋の頃だったでしょうか、わたしがはじめて生理になったのは

アドバイスをいただきながら買って、身に着けた
初めてのタンポン、初めてのナプキン、初めてのサニタリーショーツ
初めて買ったこと、身につけて恥ずかしかったのを思い出しました

あれ以来、タンポンは時折、使わせていただいております
特に、カラダが疼いてしまっていて、外出とかしなければいけないとき
返って疼いて仕舞うのですが、それがまた、マゾらしくていいんです

これまでは、アプリケータ付きのタンポンを使っていました
入れる深さもわかってきました
入れ方が浅いと、Anusの入り口が乾いて痛くなります
しっかり奥に入れることで、腸液でタンポンが湿ってくると
何とも言えない、淡い快感が沸き上がって来ます


はじめて買ったタンポンが終わりそうなので、新しいタンポンを買いました
今度は、フィンガータイプを買ってみました
コンパクトなので、片付けやすいし、持ち運びやすいかなと思いました

まだ、数回しか使っていませんが、なかなか奥まで入れることが難しくて
Anusの入り口の違和感がどうしても残ってしまいます
もう少し奥に・・・  そう意識しないといけませんね



最初の時にアドバイスをいただいてから、買うのはとっても多い日用のもの
うまく入れないと、違和感が残りやすいのですが
代わりに、湿って柔らかくなってくると、淡い快感を感じさせてくれます

フィンガータイプのタンポンは入れにくい分、アソコのお手当をしている
そんな実感が高まりやすく、うまく出来ない惨めさも感じられます
それもまた、わたしにとってはいいのかも知れません

年の瀬の女子連休
この間に、フィンガータープのタンポンに慣れたいと思っています
それに今朝は、ここ数日のご無沙汰のせいか、女の疼きが半端ないです
わたしにとっては、女の疼きが生理なのでしょうかねぇ
今日はしっかりと、お手当てしてあげないといけませんね


追伸
今年一年、いろいろとお世話になりました
来年も、細々とですが、自分に素直に、マゾ女子度を上げていかれればと思います
関連記事
line

恥ずかしい印

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
line

セーラー服を身に着けて

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
line
line

line
プロフィール

あすか

Author:あすか
あすかの過去と今を見つめてます
2014年の夏に初めてのドライオガズムを体験したことをきっかけに、十年以上前の記憶に触れてしまい、押さえきれなくなり、ちょこっと引っ張り出したことがこのブログのきっかけです
時と場所を超えては、以前の記憶の中に刻まれたタイトルなの
いまは、ドライの体験以来、自身の女子化を進めてしまっております

内容は、わたしの性性格(自己女性化愛好症でマゾ)・・・を元にマゾな女子として自らの手だったりで行っている行為なども書いていますので、青少年の皆さん、また、女子化や、マゾ的世界がお嫌いな方は、お入りになられませぬように・・・

「きおく」以下のカテゴリは、私が過去に「時と場所を超えて」と題したHPに掲載していたものを転載しております
ある意味、「原点」に当たる部分です

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
FC2カウンター
line
検索フォーム
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line