FC2ブログ

においとの戯れ

お香の香り
そう、お寺のお線香の香りが好き
昨日、お部屋で焚いたお香
つんと、頭の心まで届くにおい
今朝、その残りの灰を嗅ぐ
つんとくる匂い
何だかおかしな気持ちになっていく匂い
わたしのこころが波立つ、そんな感覚

もっともっと、もっと
わたしのこころを気持ちよくさせて
また今日も、その匂いに抱かれてしまう
わたしのこころが、ぼろぼろになるまで



 わたしの好きな匂いに、お寺のお線香のにおいがあります。
 京の古いお寺を歩いているときに、あるお寺でたかれていたお線香の匂いに、何だかこころが安らぐ気持ちになりました。その帰り道、お線香を求めて部屋で焚くようになりました。
 先日、あたらしいお香を買ってきました。それまでは、白檀とか菫とかの自然のお香を焚いていたのですが、たまにはと思って意図的な香りのお香を求めました。
 狭い部屋に充満するにおいは、これがまた、においが強すぎて、鼻や喉が痛くなってしまうくらいだったのですが、しばらく後で、灰の付いた指のにおいを嗅ぐと、頭の真に届くつんとする香りとともに、頭のなかが少し酔ったような感覚に襲われました。

 それから1日経ち、部屋の匂いも、灰の匂いも薄らいできたようです。
 昨日の匂いは、普段張りつめている気持ちが解放される感覚がありました。この感覚が好きです。しかし、それと一緒に、なんとなくこころがざわめくような、波立つような感覚にも襲われました。特に、灰の匂いを嗅いだときの感覚はそうでした。
 そう、何となく切ないというか、こころが締め付けられるような。
 この匂いがどうしても気になってしまいます。
 もっともっと、切なくなりたい、もっともっとこころを締め付けられたい。

 そう、普段の私が仕事のなかや人とのなかで感じる緊張感や、そこで感じる様々な気持ちとは異なった感覚。解放された気持ちのなかに、構えを解いた気持ちのなかに、ジワジワと染みいってくるこの感覚。
 “せつないきもち”がふくらんでいく感覚。
 わたしのマゾの部分が共感しているのでしょうか。

 そうして、お香にこれまで求めてきた安らぎの気持ちとは別に、これまで抱いていなかった卑猥な感覚をお香に求めようとしています。
 できることなら、この匂いの充満するなかでプレイしてみたい。
 どこまで耐えられるのだろうか。正常な感覚が薄らぐなかで、どこまでも耐えてしまうのだろうか。この匂いのなか、からだの感覚がなくなるまで責められたい。いつまでも、いつまでもそのなかに身を置いていたい。“まだひきかえせる”感覚もわからないまま、わたしのからだの悲鳴もわからないまま、匂いに煽り立てられたわたしのこころは、いつまでもいつまでも、せつない気持ちに浸っているのだろう。

 きっと、わたしのこころがぼろぼろになってしまったことも気づかないまま。

 (2002.02)
line

私の性性格

わたしは女性に生まれたかった気持ちもあります
でも、いまの性別を完全に否定することはありません
普段の私にとって、あすかは
私の女性性の部分なのかなと想います
それがどこまで現れるのか
そのときの状況によって変化することでしょう

あなたと一緒のとき
あなたのことを想っているときは、わたしは<女性

普段の私にとっても
女性性の部分は必要です
きっと、誰でもそうなんだろうと想います



 今回は、ちょっとまじめに考えるお話しです。
 このところ、仕事などで時間も気持ちにも余裕がない日々を駆け抜けています。
週末の1日、ネットサーフィンをしながら、わたしの中の女性性について考えることができました。

 というのも、ジェンダーフリーのページや、いわゆる女装される方のページ(ここもそううかな?)はときとき立ち寄らせていただいたのですが、戸籍上の男性が完全に女性として生活していく、いまの性別と、本当の自分の性別がずれていて、それを本来のものに戻していく生き方をされている方のページにはじめて立ち寄り、わたしにとっての性別ってと考えることができました。

 いわゆる社会規範。ここから逸脱しての日常、生活。これにはものすごいパワーまたは、絶対に知られないための努力が必要です。
 わたしも、女性のマゾとして生活できたらと想い、あなたという大切な方をとおしてそれを実践させていただいています。これは決して、普段の私に関わるみなさんには知られてはならないこと。社会規範から逸脱しているから。知られることは、結果として多くの人と自分を苦しめることにもなるから。

 藤沢さとみさんのページで、彼女の生き様を読ませていただいたとき、わたしは「現実に女性となることはできない」ことを確信しました。わたしにはいまの生活と決別する勇気がないから。わたしはあすかの部分を普段のわたしの中に秘め、生活を送ることでしょう。そして、そんな日がいつまでも続くように
(「そんなひがいつまでも」が、「そんな被害妻でも」と誤変換。ギクリとします!)
わたしの周りのみなさんに隠し続けることに力を注ぐことでしょう。

 そしてまた、さとみさんの日記を読むことで、女性としての気遣い、立ち居振る舞い、柔らかさなど、普段の私にはとても必要なこと、改めて気づかされました。
 気は短い、気が弱いくせに喧嘩速い、酒飲みすぎ呑まれてしまう、気遣いができない...
 こうした部分を、なおしていこうとは想っています。これまでも、これからも。それには、わたしの女性性を磨くこと。そして、普段の私の中で生かしていくことが必要なこと。
 慌ただしい日常では、忘れてしまいやすいこと。それをどう意識付けていくのか。気持ちに余裕がなければね。課題はたくさんですね。

 久しぶりに充分“あすかした”1日でした。

 こうして、あすかというもしかすると本当のわたしの姿かもしれない部分を持てたということは、わたしにとってはいろいろな面で、ラッキーだったのですね。

    (2001.03.04)
line

制服

わたしは制服が好きです
着ることも、見ることも
学生さんの服も、OLのものも
かわいいから

だけど、普段のわたしはあまり着たくないの
そんなかわいい制服を着ることができないから



女性の制服って大好きです。
そのくせに、普段のわたしは制服はあまり着たくありません。それは、かわいくないから。
女性の制服をかわいく想うのは、わたしが違う性を持っているせいでしょうか。無いものへのあこがれかもしれません。
カクカク角張ったり、いわゆる“ビシッ”としてものではなく、女性服特有な“ナチュラルな”カーブを描くところが好き。スカートのような不安定な感覚がすき。女性の魅力を引き出してくれるところ。“強さ”ではなく、“やさしさ”や“壊れそう”な感じが好き。

壊れる感じといえば、制服を着た女の子が虐められたり、レイプされたりって考えてしまいます。それは、わたしが女性になってしていただきたいこと。
昔みたSM誌の記憶。縛られたセーラー服。スケバンのリンチ、土手焼き。婦人警官の陵辱。生け贄のOL。
美しいもの、大切にしておきたいものが汚される瞬間、そのせつなさが好きです。
でもそれは、普段の性とは違うわたしだからかもしれません。本当に女性だったら、いろいろな恐怖からそれは望んではいないでしょう。

女学生の制服を着て、そんなことを想ったりしています。
それは、ほんのひとときだけの夢の時間。わたしが、女の子になれる時間。女の子のわたしを虐めてみたり、辱めてみることができる時間。
現実ではないから、持てるそんなときが好きです。
いつかは、本物の女学生になりたいと想いながら。

わたしにとって、制服は、そんな夢空間へのパスポートなのかもしれません。
line
line

line
プロフィール

あすか

Author:あすか
あすかの過去と今を見つめてます
2014年の夏に初めてのドライオガズムを体験したことをきっかけに、十年以上前の記憶に触れてしまい、押さえきれなくなり、ちょこっと引っ張り出したことがこのブログのきっかけです
時と場所を超えては、以前の記憶の中に刻まれたタイトルなの
いまは、ドライの体験以来、自身の女子化を進めてしまっております

内容は、わたしの性性格(自己女性化愛好症でマゾ)・・・を元にマゾな女子として自らの手だったりで行っている行為なども書いていますので、青少年の皆さん、また、女子化や、マゾ的世界がお嫌いな方は、お入りになられませぬように・・・

「きおく」以下のカテゴリは、私が過去に「時と場所を超えて」と題したHPに掲載していたものを転載しております
ある意味、「原点」に当たる部分です

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
FC2カウンター
line
検索フォーム
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line