fc2ブログ

時と場所を超えて  について

こんにちは、そして、ヨウコソこの場所まで・・・

私は、この苑に住むおマゾな女子、あすか と申します
苑の中をご案内させていただく前に、何点かのご案内をさせていただきます
よろしく、おつきあい下さいね

1 入苑の制限(閲覧制限)について
「時と場所を超えて」は、アダルトに分類されるblogです
性的表現や、その他、青少年にはふさわしくない内容が掲載されておりますので
 未成年の方のご入苑はお断り申し上げます
また、性的行為や、SM行為といった内容、表現も掲載されております その中には、スカトロ等の不潔行為とされる内容もございますので、 そうした
 内容、行為を受け入れない方、閲覧等を通して苦痛を感じられる方などのご入苑も、固くお断りさせていただきます

2 著作内容等について
つたない表現や内容ばかりですが、著作権については放棄いたしてはおりません
ただし、部分的な転載等はかまいません

3 カテゴリについて
このblogでは、大きく2つの内容に別れています

 ○ 「いま」 の部分
   ・おしらせ 
   ・いま を超えて    いま、その時々に思うこと
   ・じょしの部屋     女装女子としてのあすかのこと
   ・えむの小屋      時折のおマゾな記録(体験手記とかもここ)
   ・ドライの小屋     ドライオーガズムに関係すること
   ・しいくの小屋     あすかが変わっていく様を・・・
   ・かそうの小屋     あすかの概念付けの部分かな
   ・ひろいものの小屋   ネットから拾った読み物のご紹介
   ・こどうぐたちの小屋  いつもお世話になっています、お友だち・・・
    (内容が重なっていることが多いので厳密では無いですけど)

 ○ 「きおく」 の部分
   きおくの部分は、ミレニアムの頃になりますが「時と場所を超えて」とい
   う名前のホームページを作っていた頃に書き綴ったもの、記憶が詰まっ
   ています
   全部で、44のセンテンスがありますが、記憶ですから、これ以上増え
   る事はありません
    「とき」 「ばしょ」 「こころ」 「からだ」 「しぜん」
   5つのカテゴリは、当時もおなじカテゴリ分けで綴っていた内容です
   私にとっては、懐かしいあすかの部分なのですね

   そして、「かこの記憶たち」 は、そのもっと昔、パソコン通信の時代に
   そっち系のBBS(掲示板)に書いたりものの中で、残っていたものを、
   10年ほど前にまとめたものとなります


 もう一度お知らせいたします、あすかのblog 「時と場所を超えて」 には、
性的表現、SM表現、ドライ・オーガズム、自己女性化の行為、女装についてなど、青少年にはふさわしくない内容が詰まっております。また、それらの行為を嫌う方にとっても、避けるべき内容となっております。

未成年の方、そうした内容を好まない方々のご入苑は、お断りいたします
関連記事
line

ストッパーの感覚

「お仕置きが必要だな。
 今日一日、ストッパーを入れて過ごせ!」

手元にあるストッパーは、直径2.5㎝のものと5㎝のもの
普通のストッパーは抜けないように途中がくびれてるけど
あるのはくびれの部分でも5㎜しか細くなっていないもの
膣口自体をしっかりと拡張するために買ったもの

わたしは、迷わず5㎝のストッパーを選んでいた
潤滑の変わりは、塗るタイプのホルモンクリーム
最初は沁みるけど、あとで少し暖かな感じになって
中が少し気持ちよくなるので使ってしまっている
一緒に、中の感覚が高まったらと想って塗っている

もしかすると半年以上入れていなかった太いストッパー
久しぶりで、あそこがはちきれそうに痛くなるかなと
でも… 入口を想いきり展張される感覚はあるものの
すんなりと挿ってしまいました

一日過ごす…
時間がたつにつれえ痛みというよりは押し出したい感じ
そんな感じが高まっているけど、ラバーのハーネスをして
抜け出すことを抑えている、そうしなければ出てしまう
それだけ、根本も太さのある寸胴のタイプのストッパー

一日終わり、夜には抜こうと想ったけど…

「明日の朝まで入れたままにしろ」

夜中、何度となく目が覚めて、そのたびに
あそこを広げられる違和感を感じていました


unnamed_202203071749008fb.jpg


その日から4日目、またあの感覚が
朝のお布団の中でわたしを襲ってきました
子宮の部分が急に収縮をし始めて、やがて勝手に逝く
逝ってしまったらまたお仕置きがあると想って
必死に止めてみました、最初のうちはよかったけど
やがてその収縮の波が強くなって、最後はやっぱり

数週間前から女としてのオナニーを禁止されてて
絶頂エネルギーの放出ができないから、たまって
気が付けば勝手に逝ってしまう状況
そんな身体になってしまっているという事実も


「そんなにお仕置きをされたいのか、この変態女!」
「すぐにストッパーを挿れろ!!」

数日前に挿れていたので、痛みはそれよりは弱いかと
でも、あそこの中に太く寸胴なものが入っている違和感
それは一日中悩まされるのかなと想った

でも…
時間がたち、身体に慣れてきたのか、痛みがあまりなく
入口を広げる存在感というか、なんというか
中の方で少し、あの甘い快感の泉を感じ始めています

入口を少し締めると、中の方で甘い泉がジワ~と
もう、展張の痛みを想像していたのが、快楽責めに
でも、そのことばかりに気が向いてしまっていました


以前でしたらこのサイズのストッパーでは長時間無理
それは、違和感と展張感が強かったから
でも今は、違和感ではなくて快感ともいえる快感が
少しの展張感覚はあるけど、それ以上に
わたしの身体が変態マゾ女に堕ちていっている実感

身体のどこにも触らずに、絶頂してしまう身体
そこまで進んでしまった、あすかの身体です
以前と同じことをしても、身体の感じ方は違います
性感の開発が進んで行く、ゆっくりではありますが
新たなステップは、速度がついていくみたいに

あすか、どこまで堕ちていくのかしら
恥ずかしくて、切ない気持ちもあるけれど
変態マゾ女に堕ちてことが、シアワセだって
いまは、もっともっと堕ちたいと想っています
関連記事
line

ドーピング?!

北京オリンピックは終わりましたが
オリンピックのたびに話題に上るのが
「ドーピング」

ダメなものは、ダメなのです
それがルールだから・・・


わたしは、3週間おきにですが、ドーピング?
まだきっと、男性ホルモンを少しは生成する
その影響が嫌で、ドーピング?しています
でも、「ドーピング疑惑」じゃなくて、堂々と

オリンピックに先立って、昨年の11月から
オンナに近づくためのドーピングはじめて
最初は、胸が張ってきてたけど、今は戻っちゃった
身体が、慣れて来ちゃったのかしら


先生からは
「3週間、プラスマイナス1週間」
と言われていて、これまでは3週間ごとに
今回はたまたま用事があって、4週間
その最後の1週間が嫌でたまらなかった

って言うのも、切れてきちゃったのかな
男性的なもの、いくつかわたしの中に感じた
そんな、わたしの中の男性的なものが
これほど嫌だとは思わなかった


と言うことで、これからもできるだけ
3週間に一度は、ドーピング?に出かけます


more...

関連記事
line

快感をため込んで、爆発させることができるの?

ちょっと前、こんなところを発見してしまいました

【強制絶頂】気持ちいいメスイキ爆発オナニーのやり方 まとめ

メス逝きするときに、一回ごと逝くのではなくって
限界まで逝くのを我慢し続けて、最後にメスイキの暴走が起きる
なんだか、すごそう… って想ってしまいました

そして、あすかのことなので、さっそく実践してみました

やり方は簡単です、乳首を優しくさするだけです
どうやら最近は、指の背でフェザータッチした方が
悦楽の泉が湧きやすくなっているわたしの身体です

メス逝きの波をかまんするコツはすぐにつかめました
我慢を重ねるごとに、メス逝きの波は強くなります
最初は途中で、その波に負けて逝ってしまうこともありました

でも、ある程度快感をため続けているので、いつもの絶頂より
より強い絶頂を迎えます、気持ちいいです…

次の日には、絶頂が強くなってもそれをも我慢しました
最初は、3分毎くらいにピークが来ていたのが
だんだんと時間が短くなり、1分もかからずに次の波が
何度も、何度も逝くのを我慢し続けていきました

少なくとも、30分はそんな感じで我慢していきました
後半では、正常位で受け入れる感じに足を開いて膝を曲げて
そんな姿で続けていたら、本来の膣のあるはずのところが
だんだんとしびれた感じになっていきました

その先は、本当はまだ爆発まで至っていないと想います
最終的に我慢しきれずに、大きな波にさらわれてしまい
そのまま、絶頂を迎えてしまいました
やはり、いつもと比べると、何倍も気持ちいい感じです

その後も、限界が来て爆発するところまでは行っていません
それに、お休みの日とか、時間のある時じゃなきゃできません
場合によっては、途中で寝落ちてしまうこともあったりします

これからも、強制絶頂させられるようになるまで
チャレンジしていきたいな~ と想っています… が


そうそう、メス逝きの貯め込みを始めてからというもの
朝の時間の時間切れで、お布団出なければという日が増えました
目覚めてからの時間を考えると、逝くことが難しい、時間ない
そう想っても、少しでも気持ちよくなりたくて、毎朝乳首オナを
そして、一度も逝っていないのに、乳首オナを終わらせなければ
でも…

オンナの身体って、不思議です
メス逝きできなくても、それまでの間で十分気持ちよくなれる
そして、逝かなくてもそこで終わることもできて、不満もない
そんな感じで、毎朝のお布団の中での乳首オナが習慣になる
そんな、オンナの身体になっていっていることがうれしく想う

昨年暮れから、自らの身体の性感を開発しまくっている
そんな感じで、あすかは変態マゾ女の道を歩んでおります
関連記事
line

身体の底から誘われて、セルフで監禁プレイ

このところ、ご報告するネタはいろいろあったりします
昨年の暮れから、それだけ、自身のカラダ、いえ
自身のオンナの性感の開発が進んでいるのです

きっかけはとある方からいただいているのですが
わたしが想っている以上に、セルフな性感開発が進んでます
いまは・・・
絶頂の時に、逝かないように我慢して、エネルチーを貯めて

そのお話しは、また書きますね
今回は、順番が前後してるけど、1月半ば
そう、前の前の日記の、性感開発の数日後のとこです


お休みの日、まとまった時間をウォーキングに当てています
まとまった時間のときは、あすかになって歩いています
この日も、ライトメイクして、歩いてきました
そして、オンナの大切な所の中に、スティックを忍ばせながら

途中、2回程スティックを挿れ直しました
これは、生理的にどうしても挿れ直さないと我慢できません
そんな時は、公衆トイレの多目的トイレのお世話に
便座に座って、スティックの出てくる感覚を味わって
多目的トイレの便器の中に、落ちる・・・ 堕ちるスティック

そんな、便器に落ちたスティックを掴んで
汚れを洗って、洗面台でもう一度キレイにして
携帯用のローションを付けて、もう一度、あそこへ挿入
公衆トイレでのこの一連の行為が、惨めに想えます
なんでわたしが、こんな所に落ちたスティック拾って
もう一度、女のカラダの中に戻さなければいけないのと

3時間ほど歩く間に、2回、多くて3回そんなことします
そして、だんだんと、産み落とされるスティックも
汚れないで済む感じになっていきます

それだけで終わればよかったのですが・・・


この日は、残り数キロの辺りから無性に感じるものが
早く家に帰りたい・・・ それも
早く家に帰って、わたしをメチャメチャにしたい
そんな想いがあふれ出てくる感じがしました
歩きながら、オンナの芯の部分に入るスティック
その影響で、あすかの子宮がそう考えたのかと想います

そう、身体の底から、淫らな感覚に誘われていたのです



IMG_0167.jpg

家に戻って、少し気が緩みました
これから起こることへの、期待もあったと想います

あっ・・・
と想ったら、わたしの中のスティックが少し出てきて
一緒に、中から温かいものが少し、流れ出てしまいました

もう、これでスイッチが入ってしまったのです


すでに汚れてしまった下半身はそのままにして
上を、サイズが大きくなってしまって処分する衣類に着替え
屋根裏部屋に上がりました
一緒に、セーラー服、ジャンスカ、数種類のスティックとか
あとは・・・ 台所用洗剤も持って

埃に汚れた床にセーラー服とジャンパースカートを放りました
その上に、汚れないようにスティックとかを置きました
そして、先ほど少し漏れ出してしまった所の力を緩めて・・・

ショーツとスラックスの中に、暖かなものが広がりました
それが、スタートの合図でした


埃に汚れた床に、わたしは押し倒されました
そして、上に着ていた、カーディガンと、ブラウスが引き裂かれ
キャミソールの上から胸を揉みしだかれました
誰もいない屋根裏部屋に、わたしのあえぎ声が広がります
やがて、キャミソールも、ブラジャーも中央から引き裂かれ
上半身はボロ布を纏うだけの姿になった、惨めなわたし

その姿のまま、埃に汚れた床に横たわって、乳首を責められ
何度となく絶頂を迎えました
さらに、スラックスを引き裂かれ、ショーツ横からはみ出した
スティックを強引に出し入れされてしまいます
あえぎ声が大きくなって、時折り迎える絶頂のたびに
大きなうめき声を上げ、目には涙を浮かべているわたし・・・

本当は、見ず知らずの人から、こうされてみたいと想いながら
スティックを長いものに入れ替えたりしながら
監禁絶頂地獄を味わう、変態マゾ女に堕ちきっていました


何度もの絶頂と、絶え間ない興奮を味わって、しばし休憩
後半は、すでに埃で汚れてしまっている、セーラー服に着替え
麻のロープで、縄化粧をします
そう、あすかの原点、セーラー服での緊縛監禁
高校生の頃に目にしたSM誌の世界、飾り毛を奪われた
セーラー服の女子高生が、いま、ここに監禁されているのです

太めのディルドにローション代わりに台所用洗剤を付けて・・・
これから起こること、痛みは、すでにわたしは知っていました
でも・・・ いえ、痛く、苦しく、切なくなるからこそ・・・
監禁陵辱プレイって、そのくらいはしなきゃ (*゜Д゜)


その後は、台所用洗剤を付けたディルドの上に自ら乗って
ひたすら、腰を上下に動かします
大切な部分は、台所用洗剤の刺激で少しヒリヒリします
足が疲れるまで、ひたすら出し入れして
疲れたら、ディルドを身体の最奥まで挿れたままで休み
そしてまた、腰を上下に動かして

ジャンバースカートに、洗剤の白い泡と
中から流れ出した、液体やら何やらが混ざったものが広がって
埃にまみれたセーラー服の女子高生は、何を想ったのでしょうか


片付けも大変なので、屋根裏部屋での監禁プレイは
めったには出来ませんし、冬のさなか、暖房もないけど
ウォーキングのときに挿れていたスティックに
オンナの芯の子宮を刺激されて、淫乱に火が付いてしまった

セルフでの監禁プレイですが、こんな事も重ねながら
あすかは、変態マゾ女に堕ちて行っています
関連記事
line
line

line
プロフィール

あすか

Author:あすか
あすかの過去と今を見つめてます
2014年の夏に初めてのドライオガズムを体験したことをきっかけに、十年以上前の記憶に触れてしまい、押さえきれなくなり、ちょこっと引っ張り出したことがこのブログのきっかけです
時と場所を超えては、以前の記憶の中に刻まれたタイトルなの
いまは、ドライの体験以来、女装をはじめ女子化を進めております

内容は、わたしの性性格(自己女性化愛好症でマゾ)・・・を元に変態どマゾ女子として自ら行っている女子化行為、女子化調教なども書いていますので、青少年の皆さん、また、女子化や、マゾ的世界がお嫌いな方は、お入りになられませぬように・・・

「きおく」以下のカテゴリは、私が過去に「時と場所を超えて」と題したHPに掲載していたものを転載しております
ある意味、「原点」に当たる部分です

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
FC2カウンター
line
検索フォーム
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line