FC2ブログ

時と場所を超えて  について

こんにちは、そして、ヨウコソこの場所まで・・・

私は、この苑に住むおマゾな女子、あすか と申します
苑の中をご案内させていただく前に、何点かのご案内をさせていただきます
よろしく、おつきあい下さいね

1 入苑の制限(閲覧制限)について
「時と場所を超えて」は、アダルトに分類されるblogです
性的表現や、その他、青少年にはふさわしくない内容が掲載されておりますので
 未成年の方のご入苑はお断り申し上げます
また、性行為や、SM行為といった内容、表現も掲載されております その中には、スカトロ等の不潔行為とされる内容もございますので、 そういった
 内容、行為を受け入れない方、閲覧等を通して苦痛を感じられる方などのご入苑も、固くお断りさせていただきます

2 著作内容等について
つたない表現や内容ばかりですが、著作権については放棄いたしてはおりません
ただし、部分的な転載等はかまいません

3 カテゴリについて
このblogでは、大きく2つの内容に別れています

 ○ 「いま」 の部分
   ・おしらせ
   ・いま を超えて    いま、その時々に思うこと
   ・えむの小屋      時折のあすかの、おマゾな記録
   ・かそうの小屋     あすかの概念付けの部分かな
   ・ひろいものの小屋  ネットから拾った読み物のご紹介
   ・こどうぐたちの小屋  いつもお世話になっています、お友だち・・・

 ○ 「きおく」 の部分
   きおくの部分は、ミレニアムの頃になりますが「時と場所を超えて」という名
   のホームページを作っていた頃に書き綴ったもの、記憶が詰まっています
   全部で、44のセンテンスがありますが、記憶ですから、これ以上増える事
   はありません
    「とき」 「ばしょ」 「こころ」 「からだ」 「しぜん」
   5つのカテゴリは、当時もおなじカテゴリ分けで綴っていた内容です
   私にとっては、懐かしいあすかの部分なのですね

   そして、「かこの記憶たち」 は、そのもっと昔、パソコン通信の時代に
   そっち系のBBS(掲示板)に書いたりものの中で、残っていたものを、10年
   ほど前にまとめたものとなります


 もう一度お知らせいたします、あすかのblog 「時と場所を超えて」 には、
性的表現、SM表現、ドライ・オーガズム、自己女性化の行為についてなど、青少年にはふさわしくない内容が詰まっております。また、それらの行為を嫌う方にとっても、避けるべき内容となっております。

未成年の方、そうした内容を好まない方々のご入苑は、お断りいたします
line

女子用メガネをかけて

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
line

乳首オナニー


ネットで、「乳首開発」 と探してみました

そのなかに

乳首開発のリスク

という記述がありました


・胸、乳房がだんだん大きくなる
・乳首が肥大化する
・乳首を定期的に弄りたくなる
・性開発した乳首は、原則、感度が戻せない

うーん、どれもあてはまるかな

乳房が大きくなっているのは、プエラリアのせいもあるのかもしれないけど

それぞれの項目、もっともっとそうなりたいと願っていることかしら
乳首は、本物の女性のそれくらい大きくなって欲しいな
定期的に弄りたくなる・・・  わたしの場合は、毎日お布団の中だわね

感度は、波がある
痛い以上にいじって、乳首の表面の皮がむけ変わるくらいにした後は
とっても感度が上がるのね
その感度を維持したいなって思うのだけど、なかなか難しくて
でも、乳首をサスサスしていると、頭の中がお花畑になって
そのうちに、Vaginaのあたりに意識が移って、挿入される意識をすると
わたし、軽くだけど逝ってしまいます

嗜好はあくまでも、ノンケなつもりのわたし
もちろん、ココロもカラダ?も女子になっているときは
男の人に貫かれたりするイメージも持ちますよ
だって、女子なんだものね


乳首オナニー、確実に女子化を促進して下さいます
line

新しいウイッグ

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
line

カミングアウト?!


(すみません、会話調で進む部分もあるので、ちょっと長めです・・・)

女子化が進みつつあるわたし
メイクまでして、夜の公園をお散歩して、女子の感覚に浸っているわたし
そのことを知っているのは、読者の皆さま?
実際にお目にかかった方では
女装子さんつながりのお仲間の皆さんで、公園でご一緒した方だけ

それが、今日、面と向かってカミングアウト?!


というのは、ひと月ほど前のblogで書かせていただいた
コンタクトレンズの関係なのですけど
あのコンタクト、入れるのも大変(慣れない)だけど
コンタクトをして車の運転ができないことが判明
というのも、乱視が強すぎて、ちょっと度を下げて作らざるを得なかった
普通に歩くのには何とかなるものの、車の運転ではとてもとても
酔ってしまう感じというか、前を見ていられない感じになってしまいます

わたしがメイクして女子になる時って、高速のPAとかでメイクするのね
家ではできないから・・・
現地とか、その場でコンタクトを入れることができればいいのだけど
そこまでまだ上達しておらず、家で入れるしかない
そうなると、車の運転ができなくなる

そこで出した結論が

女子用のメガネを作ろう!

だったのね

前の時も考えたのだけど、「女装するときのメガネを下さい」と言えず
この前の時は、他の理由を考えてコンタクトを作ったわけ
でも、コンタクトがうまく使えないと言うことは、A面の男物のメガネで我慢するか
どうにかして、女性用のメガネを作るしか方法がなくなってしまったのね
ということは、お店の人に、A面のおっさんのわたしが、メガネの注文をする
これまでできなかったことだけど、背に腹は代えられず・・・
というか、メイクまでして女子になって、男のメガネというのが我慢できず・・・
考えた末、ちょっと離れた町のメガネ屋さん(いつものと違うチェーン店)へ

そして、勇気を振り絞って、A面のわたしがメガネ屋さんの中へ
いくらくらいかかるのかしらと思いながら、いつもくらいかかるのならやめようとも思い
いつでも撤退できる気持ちでお店の中に入っていきました
ドキドキしながら、店の中に入って行って、ポップとか表示とかを見回していると
女性の店員さんが、さっそく声をかけてきてくださいました
(もう少し声をかけるの待ってよ~  ココロの準備必要なんだから~)


店  「メガネをお探しですか」
私  「はい、今かけているのと同じ度でメガネを作りたいのですが
    おいくらくらいかかるかなと思って・・・」
店  「それでは、今かけていらっしゃるメガネの度を測らせていただいて
    よろしいでしょうか・・・」
私  「お願いします」 (と、メガネを渡す・・・  店内が一気にぼやけて見える)

しばらくして (その間、この先の展開を必死で考える)

店  「レンズは非球面レンズで、このくらいからとなります」 
私  「あとはフレーム代を加えることになるのですよね」
店  「はい・・・  どのようなフレームになされますか・・・」
私  「そんなにいいフレームじゃなくていいのですが」

ここまでは普通のお客さんですよね・・・
スペアにもう一つのメガネを作りたいのかなと思っていただいたかと


女性店員さんは、(もちろん)男物のメガネフレームのコーナーへ案内してくれ
このお店の価格表示について説明してくれました

私  「あの・・・」
店  「はい、どうなさいましたか??」
私  「あの、女性もののフレームを考えているのですが」 (ドキドキ!)
店  「(えっ・・・)」 
    (声にはならなかったけど、一瞬驚きの表情に、ちょっと固まってた)
私  「時々、メークして・・・  その時にかけるメガネを作りたいと思って」
店  (一瞬、間が空いて) 「そうですか・・・  それでしたらこちらになりますが」
私  「できれば薄めの感じの赤いフレームがいいなと思ったのですが」

そう、どんなフレームを選んだものかも実は良くわからず、お店に行く前に
スマホで 「女装の時のメガネ」 とググってみた
その中でのイメージは、エバンゲリオンの 真希波・マリ・・・ のイメージをして

49ca2c1e84679032.jpg

ただそこで問題となるのは、わたしの顔の大きさ
メガネとお付き合いして、かれこれ三十数年(歳がばれる?!)
フレームのこととか、レンズやかけ具合とか、メガネ装着に関わることなら
カラダがしっかりと覚えている訳で・・・
結局、フレームの横幅で決めざるをえなかった訳で

店  「赤いフレームはこれくらいしかありませんが、サイズがどうか・・・」
私  (かけてみる)
店  「お値段はお安い方がいいですよね」
   (カミングアウト効果か?! それとも、呆れられているのか??)
私  「はい、できれば」

ということで、フレームが少し自己主張しそうなくらいの、樹脂フレームのつもりが
たしかに女性用フレームで作りは小ぶりで、薄いピンクの入ったチタンフレームの物に
ツルの部分のデザインも、できるだけピンクとか赤系と思ったけど
大きさが・・・  濃いムラサキ系の落ち着いたものとなってしまいました
少し残念だったけど、これだけは仕方ない
小さめのフレームをかけると、時間が経つに連れて頭が痛くなることは
わたしのカラダが身をもって知っているから


あとは、レンズの確認と、その度に合わせた検査用メガネで見え方の確認
金額の確認と、そして、オーダーシートへの個人情報の記入・・・

あっ、名前書かなければいけないんだよね
本当は、女子ネームで書きたいところだけど
万が一、自宅にわたしの女子ネームで手紙が来たり、問い合わせがあったり
そんな事が頭をよぎっていきました・・・
もちろん、A面の名前で包み隠さず、カミングアウトして参りました


そうそう、店員さんに最初のカミングアウトをするとき
「女装する時に使いたいので・・・」 と言うのが一般的だと思うのですが
わたしの場合は、「女装」、女を装うというよりは 「女子になる」という感じ
ふだんもあまり [女装」とは使っていないと思うので、どう言おうか考え
とはいえ、「ときおり、女子になる時にかけたいので・・・」 と
一瞬頭をよぎりましたけど、「女子になる」とは恥ずかしくて言えませんでした


金額は、1万数千円
予算は、1万5千円以内と思っていました
お店に入り、どのくらいかなと・・・ (セールとかの情報はないかも合わせて)
流れの中で、「女性物のフレーム」 それも 「時折メイク」 と言っては
後に引けなくなります・・・
でも店員さん、わたしのそんな気持ちを察してくれて、対応してくださいました
本当に、ありがとうございました


できあがりは、1週間先だそうです (レンズ特注だからね)
その時も・・・  同じ店員さんだと安心できるんだけどね
かけ具合の調整とかあるでしょ、男性店員さんだったら・・・

女子になる時用のメガネができたら、気持ちももっと女子になれそう
これまでは、メイクしてもメガネは男物って意識がいつもどこかにありました
これからは、そのことがクリア出来て行きそうです
(ほんとうは、コンタクトレンズでクリアしようと思ったのだけどね)

ただ、新しいメガネ、女子のわたしに似合うかしら
line
line

line
プロフィール

あすか

Author:あすか
あすかの過去と今を見つめてます
2014年の夏に初めてのドライオガズムを体験したことをきっかけに、十年以上前の記憶に触れてしまい、押さえきれなくなり、ちょこっと引っ張り出したことがこのブログのきっかけです
時と場所を超えては、以前の記憶の中に刻まれたタイトルなの
いまは、ドライの体験以来、自身の女子化を進めてしまっております

内容は、わたしの性性格(自己女性化愛好症でマゾ)・・・を元にマゾな女子として自らの手だったりで行っている行為なども書いていますので、青少年の皆さん、また、女子化や、マゾ的世界がお嫌いな方は、お入りになられませぬように・・・

「きおく」以下のカテゴリは、私が過去に「時と場所を超えて」と題したHPに掲載していたものを転載しております
ある意味、「原点」に当たる部分です

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
FC2カウンター
line
検索フォーム
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line