FC2ブログ

時と場所を超えて  について

こんにちは、そして、ヨウコソこの場所まで・・・

私は、この苑に住むおマゾな女子、あすか と申します
苑の中をご案内させていただく前に、何点かのご案内をさせていただきます
よろしく、おつきあい下さいね

1 入苑の制限(閲覧制限)について
「時と場所を超えて」は、アダルトに分類されるblogです
性的表現や、その他、青少年にはふさわしくない内容が掲載されておりますので
 未成年の方のご入苑はお断り申し上げます
また、性行為や、SM行為といった内容、表現も掲載されております その中には、スカトロ等の不潔行為とされる内容もございますので、 そうした
 内容、行為を受け入れない方、閲覧等を通して苦痛を感じられる方などのご入苑も、固くお断りさせていただきます

2 著作内容等について
つたない表現や内容ばかりですが、著作権については放棄いたしてはおりません
ただし、部分的な転載等はかまいません

3 カテゴリについて
このblogでは、大きく2つの内容に別れています

 ○ 「いま」 の部分
   ・おしらせ
   ・いま を超えて    いま、その時々に思うこと
   ・えむの小屋      時折のおマゾな記録(体験手記とかもここ)
   ・ドライの小屋      ドライオーガズムが中心な内容かな
   ・かそうの小屋     あすかの概念付けの部分かな
   ・ひろいものの小屋   ネットから拾った読み物のご紹介
   ・こどうぐたちの小屋  いつもお世話になっています、お友だち・・・
   ・女子の部屋      メイクをしての女子外出の時の事とか
   (内容が重なっていることが多いので厳密では無いですけど)

 ○ 「きおく」 の部分
   きおくの部分は、ミレニアムの頃になりますが「時と場所を超えて」とい
   う名前のホームページを作っていた頃に書き綴ったもの、記憶が詰まっ
   ています
   全部で、44のセンテンスがありますが、記憶ですから、これ以上増え
   る事はありません
    「とき」 「ばしょ」 「こころ」 「からだ」 「しぜん」
   5つのカテゴリは、当時もおなじカテゴリ分けで綴っていた内容です
   私にとっては、懐かしいあすかの部分なのですね

   そして、「かこの記憶たち」 は、そのもっと昔、パソコン通信の時代に
   そっち系のBBS(掲示板)に書いたりものの中で、残っていたものを、
   10年ほど前にまとめたものとなります


 もう一度お知らせいたします、あすかのblog 「時と場所を超えて」 には、
性的表現、SM表現、ドライ・オーガズム、自己女性化の行為、女装についてなど、青少年にはふさわしくない内容が詰まっております。また、それらの行為を嫌う方にとっても、避けるべき内容となっております。

未成年の方、そうした内容を好まない方々のご入苑は、お断りいたします
関連記事
line

メス堕ち

女子として、快感に溺れてみたい
女子の快感に、狂い鳴きしてみたい
メス堕ち・・・ 本当のメス堕ちしてみたい
そうなったらもう、女子じゃなくてメスね
わたしは


ごぶさたしております、あすか です
このところ、ブログを書く頻度が落ちてます
かといって、女子活していなかったわけでも無くてね


メス堕ち
昨日から急に、わたしの気になりワードになって
ネットでいろいろみていました

これまでは、女子としてHして
メス逝きして、アヘ顔になること

と想っていたのですが、それだけに止まらないで

男性との行為をとおして、女子としてペニスを受け入れ
上のお口や、膣とかでの快感からそしてメスとして逝き
メスとしての快感に溺れ、女子として愛されることに目覚めて
ペニスが愛おしくなってしまう、ペニスを欲してしまう
その結果、その相手の方の女、いや、メスに堕とされる
そこまでのことだと知りました


また、ここFC2にある「男の雌堕ち」というブログに出会い
http://otokonomesuochi.blog.fc2.com/
読み続けるほどにわたしの中に、メスの部分がうずきだして
メス堕ちと言う言葉が、頭から離れなくなってしまいました

わたし、もうメス堕ちしているのかも知れませんし
もっと深く、誰かのためにメスに堕ちていきたいと想う
それが、いまのあすかの、偽らざる心境です


関連記事
line

レオタ姿になって

新体操のレオタード
久しぶりに身に着けてしまいました
わたしにとっては、ある意味禁断のレオタードです

と言うのも、わたしの中の妄想ね
新体操部員がレオタード姿で陵辱される
その、レオタードの女子部員になって、陵辱されたい想い

いつも同じパターンだけど
リボンで乳首を縛られて、引っ張られて
小さな胸が引き伸ばされて、乳首が引っ張られて痛みが襲う
右の乳首、左の乳首、そして両側の乳首が引き伸ばされる

DSC_0555.jpg

新体操の手具のこん棒
この形をみれば、わたしは当然のように
この無機物に犯されてしまう事を夢みる

ローションを付けたこん棒のさきが
ずらされたレオタードのクロッチの部分から
恥ずかしいほど広げられた足の奥にある
わたしにとっての膣の中にねじ込まれる

久しぶりにその部分に受け入れる太いもの
少しの窮屈さは感じるものの
ローションの力を借りて少しずつ受け入れてしまう

あふん
と、小さな声と共に、こん棒の先は
わたしの膣の中に飲み込まれてしまった

DSC_0563_20190820112726b19.jpg

わたしの足は大きく広げられたまま
その真ん中から、こん棒の持ち手の部分がそそり立っている
その先に、両方の乳首とつながったリボンが縛り付けられると
あとは、わたしのカラダの反応が、乳首に直接伝わる事に

乳首の痛さで迎える絶頂
軽く反り返るわたしのカラダ
こん棒の貫く先の刺激と、乳首への刺激が同時にやってくる

そんな繰り返しで
わたしはこのまま、地獄に落ちたいと想ってしまう

DSC_0544.jpg


(おって、限定記事にさせていただく予定です)
関連記事
line

えむじょしのこくいん

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
関連記事
line

よみがえるマゾな気持ち

先週辺りから無性に、マゾ女子の気持ちになっています
久しぶりに目にした、SM雑誌
大切な部分を目一杯広げられた姿で受け入れる屈辱
そんな写真を見ていたら,わたしに置き換わってしまいました

土曜日、久しぶりに夜の公園へいきました
外灯が消えた後お散歩していて、近づいてきた足音
わたしが、ロックオンされているのかなと想って
しばらくして、その足音はお尻への手の感覚に代わり
小さな胸へ、そして、隠している下腹部へと拡がりました

捕らわれた女子には、相手を選ぶことはできません
カラダに触れられたら、開放していただくまでは
相手の方に身を委ねて
乳首をいじっていただいて、女子として逝かせていただいて
1年半ぶりに受け入れて

それからというもの、わたしのアソコの部分が
疼いて疼いて仕方がありません
だれか、もっとメチャメチャにわたしを壊して下さい
関連記事
line
line

line
プロフィール

あすか

Author:あすか
あすかの過去と今を見つめてます
2014年の夏に初めてのドライオガズムを体験したことをきっかけに、十年以上前の記憶に触れてしまい、押さえきれなくなり、ちょこっと引っ張り出したことがこのブログのきっかけです
時と場所を超えては、以前の記憶の中に刻まれたタイトルなの
いまは、ドライの体験以来、自身の女子化を進めてしまっております

内容は、わたしの性性格(自己女性化愛好症でマゾ)・・・を元にマゾな女子として自らの手だったりで行っている行為なども書いていますので、青少年の皆さん、また、女子化や、マゾ的世界がお嫌いな方は、お入りになられませぬように・・・

「きおく」以下のカテゴリは、私が過去に「時と場所を超えて」と題したHPに掲載していたものを転載しております
ある意味、「原点」に当たる部分です

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
FC2カウンター
line
検索フォーム
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line