FC2ブログ

時と場所を超えて  について

こんにちは、そして、ヨウコソこの場所まで・・・

私は、この苑に住むおマゾな女子、あすか と申します
苑の中をご案内させていただく前に、何点かのご案内をさせていただきます
よろしく、おつきあい下さいね

1 入苑の制限(閲覧制限)について
「時と場所を超えて」は、アダルトに分類されるblogです
性的表現や、その他、青少年にはふさわしくない内容が掲載されておりますので
 未成年の方のご入苑はお断り申し上げます
また、性行為や、SM行為といった内容、表現も掲載されております その中には、スカトロ等の不潔行為とされる内容もございますので、 そうした
 内容、行為を受け入れない方、閲覧等を通して苦痛を感じられる方などのご入苑も、固くお断りさせていただきます

2 著作内容等について
つたない表現や内容ばかりですが、著作権については放棄いたしてはおりません
ただし、部分的な転載等はかまいません

3 カテゴリについて
このblogでは、大きく2つの内容に別れています

 ○ 「いま」 の部分
   ・おしらせ
   ・いま を超えて    いま、その時々に思うこと
   ・えむの小屋      時折のおマゾな記録(体験手記とかもここ)
   ・ドライの小屋      ドライオーガズムが中心な内容かな
   ・かそうの小屋     あすかの概念付けの部分かな
   ・ひろいものの小屋   ネットから拾った読み物のご紹介
   ・こどうぐたちの小屋  いつもお世話になっています、お友だち・・・
   ・女子の部屋      メイクをしての女子外出の時の事とか
   (内容が重なっていることが多いので厳密では無いですけど)

 ○ 「きおく」 の部分
   きおくの部分は、ミレニアムの頃になりますが「時と場所を超えて」とい
   う名前のホームページを作っていた頃に書き綴ったもの、記憶が詰まっ
   ています
   全部で、44のセンテンスがありますが、記憶ですから、これ以上増え
   る事はありません
    「とき」 「ばしょ」 「こころ」 「からだ」 「しぜん」
   5つのカテゴリは、当時もおなじカテゴリ分けで綴っていた内容です
   私にとっては、懐かしいあすかの部分なのですね

   そして、「かこの記憶たち」 は、そのもっと昔、パソコン通信の時代に
   そっち系のBBS(掲示板)に書いたりものの中で、残っていたものを、
   10年ほど前にまとめたものとなります


 もう一度お知らせいたします、あすかのblog 「時と場所を超えて」 には、
性的表現、SM表現、ドライ・オーガズム、自己女性化の行為、女装についてなど、青少年にはふさわしくない内容が詰まっております。また、それらの行為を嫌う方にとっても、避けるべき内容となっております。

未成年の方、そうした内容を好まない方々のご入苑は、お断りいたします
関連記事
line

年が改まって

こちらには記事を上げないでいるうちに、いつのまにか
新しい年もだいぶ経ってしまっていました

年が明けて、こちらに書くようなことは起きず
(いや、起きてはいるかもだけど、ちょっと・・・)

いまは、QUEEN に惹かれてしまっているわたしだったりします

一緒に、本日から、インフルエンザを引いてしまって
自宅謹慎中となっていたりします


いちおう、生存報告まで
関連記事
line

Euphoトライデントに逝かされて

先週にひき続き、お休みの日、ゆっくりとお布団の中で女子オナしちゃいました
気がつけば、5時間も・・・ (恥)

先週同様に、新体操部の女子部員になったつもりで、レオタに身を包みました
そして、アネロスの Eupho syn -> Eupho トライデント の連携で
気持ちよくさせていただきました

Eupho トライデント、初めて気持ちよくなったのですが、ここまですごいとは

DSC_6370.jpg 

わたしの大切なレオターと、あそこの部分が濡れ濡れになってしまいました
といっても、愛液でこれだけは濡れませんよね
じつは、気持ちよすぎてすこしお漏らしをしてしまったのでした

レオタード姿のわたしは、肩の部分をずらして、乳首を露出させて
乳首を指で優しく擦っていきました
最初のうちは、軽いドライの波を味わいながらでしたが
そのうちに、いつもと違って、女子逝きという感じよりは
シアワセな気持ちに包まれて、シアワセいっぱいな感じ、そう多幸感
久しぶりに味わったのかな

そして、途中で Eupho トライデントに入れ替えました
ある程度、感度は上がっていたけど、これまであまり感じなかった不安も
レオタードのクロッチの部分に軽く押されたのか、あそこの中で
優しく動く感じがしていました
ドライの波が押し寄せて、そのまま乳首をいじると、ドライの上にドライが
ドライの波にもまれている感じでしょうか
声をできるだけ押さえて、でも、「あーん」というあえぎ声って
出すとそれだけ、感じてもいくのよね

DSC_6434.jpg 

やがて、乳首と、あそこのなかの トライデントがシンクロしたように
わたしをシアワセの波が襲ってくるようになりました
少し休んでも、乳首を優しく抓んだ途端に、下腹部からあふれ出る感じが
快感の波が、あふれ出てくる感じです
少し、怖いくらいに

いつもなら、休んだあとはしばらく置くと、もう一度登りはじめるのが
今日は、乳首を抓んだ瞬間にもう、ドライの波の中に居る感じです

ある程度時間も立っていて、おトイレにもそろそろと想いながら
この快感から逃れられないわたし
何度となく、ドライの波に身を投じてしまいました
そしてそのうちに、シアワセな女子逝きをしながら
クリットの先からじわっと溢れる感じが・・・
そう、少しお漏らしをしてしまったのです

アンダーショーツから、レオタードに広がっていく感じがしました

DSC_6391.jpg 

新体操部の女子部員が、器具室の中で自慰をしながら感じすぎて失禁

そんな、背徳感も合わさったのか、よりふかくわたしは女子逝きをして
いっしょに、背徳感と多幸感が混ざった何とも言えない感覚に
もう、頭の中は、ずーっと軽く逝きっぱなし
そして、ちくびを抓むと、下腹部の快感の泉が溢れて、カラダを反らして
やがて、その波の中で、クリットの先から滲む感覚が

そんな繰り返しでした

このままでは、お布団まで濡らして仕舞うかなとおもって
スラックスと、お手入れしなければと想っていたジャンパースカートを
お尻の下に敷きました

感じすぎて失禁しちゃった新体操部の女子部員は
とうとう、大切な制服まで、快感を貪るために汚してしまうのです

DSC_6428.jpg 

そんな繰り返し
制服のスラックスに広がる、生暖かな感覚と
下腹部からあふれだす、快感の泉
もう、停めることができないくらい
止めようにも、この快感には勝てません
もしかして、わたしの女子逝きの中で最高だったのかも
それだけ、気持ちよくて、女子になれて、シアワセで


そんな朝を過ごしてしまったわたし
お昼の少し前に、お洗濯をはじめたのでした
そして、お洗濯が終わったいまも、もうなにも入っていないはずなのに
わたしの大切な部分の奥では、快感の泉がまだ少し、滲み出している感じ

このままじゃ、わたし・・・
あー、男の方にメチャメチャに犯されたい、そんな気持ちでいっぱいです

関連記事
line

レオタのシミ

まだ完全復活じゃないけど、体調とか、気持ちとかだいぶ良くなってきました
そうなると、気持ちよくなる方(ドライ/女子逝き)も調子が出てきます

そうなってから初めての、お休みの日
目が覚めて、おトイレに行ってから、こちらも久しぶりのアネロスを入れて
2時間ほど、気持ち良い時間を過ごしてしまいました

DSC_6188.jpg 

数日前から、レオタードでの妄想が出始めていたので、これまたお久しぶりの
新体操のレオタードを着用
レオタ、肌ざわりがいいです

つるっとした丘の部分をナデナデして、女子スイッチを強くしていって
レオタの肩の部分をずらして、乳首を露出させて
辱められている、女子の気持ちになって
指で、サスサス・・・

AGなわたしモードに完全に入っちゃってます
新体操部の練習の途中から、体育館倉庫で辱められて、弄ばれて・・・

小波や、中くらいの波間に漂った時間でした

DSC_6193.jpg 

終わったあと、レオタのクロッチ部を触ってみたら
やっぱり、ぬるっとした感触がありました

女子逝きしながら、クリット部からラブジュースが出ているのを感じてました
アンダーショーツを通り越して、レオタの外まで
恥ずかしいとか、どうしてわたしが・・・ なんて、妄想の中で想いながらも
ほんとうは、そうして辱められたかった女子だなんて
あすかの、ほんとうの姿なのねと、あらためて想いました
それと、本物の女子のカラダに入れ替わりたい気持ちで、泣きたいくらいに
そしてまた、乳首を強くいじめながら、声を抑えて、何回も登り詰めて

それだけ、女子の快感を貪ってしまったわたしという、動かぬ証拠ね

お布団から出て、レオタを脱ぎながら、アンダーショーツを確認すると

DSC_6249.jpg 

もう、恥ずかしいを通り越した量のシミが付いていました
それも、テラテラと光ながら

そんな事想ったら、わたしのクリットがまた、ジュンっ! ってして
ラブジュースがまた、湧き出して来ちゃいました

こんなにシミつくっちゃったの、どれくらいぶりかしら
関連記事
line

朝、お布団の中での悦び

おはようございます

ここしばらく、カラダと、ココロの調子が今ひとつでした
わたしの女子としての活動も停滞気味でしたが、先週末から復活しました
カラダと、ココロの調子は本調子まで行ってはいませんが
気持ちは、戻っています

調子が悪いと、お布団の中での乳首オナもあまり感じる事が出来ませんでした
それが、気持ちが戻ってくると、深く感じることができるようになりました
今朝も・・・


目覚ましの時間までは、1時間と少しあります
一度おトイレに起きて、排泄をして、股間の異物を後ろに回して
もう一度お布団に入ります
お布団の中で、チュニックの裾をまくり上げながら、スラックスの上から
デルタ部分をナデナデ   すっきりとした、わたしの恥丘を確かめながら
気持ちは、男性に犯されていく、女子になっていきます

まくり上げたチュニックの裾から、キャミソールの脇を通して手を入れて
両方の、まだまだ膨らみかけ? の乳房をもんでいって
やがて、人差し指の背の部分で、ちくびに軽くタッチ、サスサスします
そうすると、わたしの女子スイッチがON!
あとは、会陰部のに感覚を集中して、湧き上がる小さな泉を広げて行って
そのあたりの、女子の大切な部分の感覚を意識しながら、何かが入ってくる
うっすらとした、そんな感覚をそこに感じていきます
小さなあえぎ声を漏らしながら、やがて、小さな波を受けて
わたしは、カラダを反らすのです

一度そうなると、今日のように調子のよいときは、続いて波がやって来ます
最初のうちは、乳首の感覚が続いていても、しばらく逝き続けたあとに
その波は収まってくれます
ドライの波を感じながら、その波はやがてうねりを高めてきて
小さく逝った上に、もう一つの波が来て、さらに登って逝って
目をつぶっている視界は、黒かったものがだんだんと光を感じてきて
やがて、大きくカラダを反らして、女子の悦びを感じるのです

その間だんだんと、脳の中のにはシアワセなお花畑感が広がっていきます
わたしが求めていた、女子として逝く感覚
深くはないけど、大きく波間に漂うしばらくの時間です

大きな波に漂ったあとは、気がつくと少し時間が経っている事が多く
それは、寝落ちしてしまっているのかと想う時間
気がついてからはもう、乳首を軽く擦る度に、波が寄せてきて
わたしのカラダはその度に、女子の悦びを感じて仕舞うのです

その間、股間の邪魔なものは陰核となり
そこから、透明な愛液を分泌して、会陰部とショーツのクロッチを濡らし
ひとときの、女子としての悦びの証を残すのでした


今朝は、お布団の中でそんな時間を、1時間半ほど過ごしちゃいました

関連記事
line
line

line
プロフィール

あすか

Author:あすか
あすかの過去と今を見つめてます
2014年の夏に初めてのドライオガズムを体験したことをきっかけに、十年以上前の記憶に触れてしまい、押さえきれなくなり、ちょこっと引っ張り出したことがこのブログのきっかけです
時と場所を超えては、以前の記憶の中に刻まれたタイトルなの
いまは、ドライの体験以来、自身の女子化を進めてしまっております

内容は、わたしの性性格(自己女性化愛好症でマゾ)・・・を元にマゾな女子として自らの手だったりで行っている行為なども書いていますので、青少年の皆さん、また、女子化や、マゾ的世界がお嫌いな方は、お入りになられませぬように・・・

「きおく」以下のカテゴリは、私が過去に「時と場所を超えて」と題したHPに掲載していたものを転載しております
ある意味、「原点」に当たる部分です

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
FC2カウンター
line
検索フォーム
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line