FC2ブログ

時と場所を超えて  について

こんにちは、そして、ヨウコソこの場所まで・・・

私は、この苑に住むおマゾな女子、あすか と申します
苑の中をご案内させていただく前に、何点かのご案内をさせていただきます
よろしく、おつきあい下さいね

1 入苑の制限(閲覧制限)について
「時と場所を超えて」は、アダルトに分類されるblogです
性的表現や、その他、青少年にはふさわしくない内容が掲載されておりますので
 未成年の方のご入苑はお断り申し上げます
また、性行為や、SM行為といった内容、表現も掲載されております その中には、スカトロ等の不潔行為とされる内容もございますので、 そうした
 内容、行為を受け入れない方、閲覧等を通して苦痛を感じられる方などのご入苑も、固くお断りさせていただきます

2 著作内容等について
つたない表現や内容ばかりですが、著作権については放棄いたしてはおりません
ただし、部分的な転載等はかまいません

3 カテゴリについて
このblogでは、大きく2つの内容に別れています

 ○ 「いま」 の部分
   ・おしらせ
   ・いま を超えて    いま、その時々に思うこと
   ・えむの小屋      時折のおマゾな記録(体験手記とかもここ)
   ・ドライの小屋      ドライオーガズムが中心な内容かな
   ・かそうの小屋     あすかの概念付けの部分かな
   ・ひろいものの小屋   ネットから拾った読み物のご紹介
   ・こどうぐたちの小屋  いつもお世話になっています、お友だち・・・
   ・女子の部屋      メイクをしての女子外出の時の事とか
   (内容が重なっていることが多いので厳密では無いですけど)

 ○ 「きおく」 の部分
   きおくの部分は、ミレニアムの頃になりますが「時と場所を超えて」とい
   う名前のホームページを作っていた頃に書き綴ったもの、記憶が詰まっ
   ています
   全部で、44のセンテンスがありますが、記憶ですから、これ以上増え
   る事はありません
    「とき」 「ばしょ」 「こころ」 「からだ」 「しぜん」
   5つのカテゴリは、当時もおなじカテゴリ分けで綴っていた内容です
   私にとっては、懐かしいあすかの部分なのですね

   そして、「かこの記憶たち」 は、そのもっと昔、パソコン通信の時代に
   そっち系のBBS(掲示板)に書いたりものの中で、残っていたものを、
   10年ほど前にまとめたものとなります


 もう一度お知らせいたします、あすかのblog 「時と場所を超えて」 には、
性的表現、SM表現、ドライ・オーガズム、自己女性化の行為、女装についてなど、青少年にはふさわしくない内容が詰まっております。また、それらの行為を嫌う方にとっても、避けるべき内容となっております。

未成年の方、そうした内容を好まない方々のご入苑は、お断りいたします
line

ご報告

わたしは、つい数日前にネットで知り合った方の所有下に入りました
遠隔調教を受ける立場となりました
また、わたしの醜いカラダを少しでもその方にふさわしい女子とするため
運動や食事の指導、体重と排便の管理までお願いしております
また、乳首オナなどの自慰行為は許可制となっております

今日からは、常時、ペニクリに油性マジックで りょう とお名前を書く
そのことも付け加わりました
体重、排便、ペニクリのお名前  この3つは毎日写メで報告します

ブログの活動や女子としての外出や夜の公園でのお散歩などについては
お許しをいただいておりますが
「りょう専用便女」の意識を持ち、ふさわしい便女子になるための
訓練として意識していくことをお約束しています

なお、2か月ほどののちに実際にお目にかかり、品定めいただきます
それまでの、わたしの努力と、わたしの態度とか評価いただき
きっと、厳しい調教を受けることと思います
それに付いていくつもりでおります
わたしにとっては、はじめての本気の所有関係となります

これまで、あすか のブログとかにお付き合い下さった皆さまには
その方の所有下に入れていただいていることのご報告と
これまでと変わらないお付き合いの程をお願いいたします

土橋あすか
line

新しく感じた、甘い感覚

(この記事は後日、限定公開とさせていただく予定です)


先日のことです、いつもの公園に夜のお散歩に行きました

その日は、昼間のうちから何人かの方からメールをいただいていました

そのうち、女性の名前でいただいた方とお目に掛かることとなりました


その方は、女装さんで女子ネームでメールをいただいていました

女装さんとの女子トーク、いろんな経験やアドバイスをいただけるし

なによりも、女子でいる今を実感できて好きです

でも、なかなか女装さんとのお話の機会がないのね

今年は夜の公園に出かけてくる女装さん、純男さん共に少ないようです


秋になって一番の涼しさ・・・  いや、寒さを感じた日でした

そんな中、最終的には3人の女装さんと、1人の純男さんでした

ある程度の時間となって、わたしが最初に帰ることとなりました

寒かったので、最初の女装さんも一緒に駐車場に戻りました

戻る道すがら、わたしはちょっと興味があったので聞いてみました


「今日、ここに来る前にも女装さんと会っていたって言ってたけど

 お話とかしてきたのですか・・・?」


まさか、最初から 「Hしてきたの?」 とは聞けませんでしたし

2時間ほどお話をしていましたけど、今日始めてお目に掛かった間柄です


その返事はたしか、「Hしてきたのよ」 という感じだったと思いました

やっぱりそうね、と思いながらも、日頃思ってた話を少ししました



今までも何回か書きましたが、わたしのHの対象となるのは純女さんです

A面もB面も共に

それと一緒に、女子になったときは純男さんにも、辱められるベクトルで

Hの対象となるようになってきています

ただ、女装さんとのレズ行為については、どうしても男という意識が

そのときに限って出てきてしまうようで、受け入れられないと思ってました



そんなお話をしながらだったか、駐車場に戻りながらのわたしの中に

ちょっとHな気持ちが芽生えていました

それは、女装さんと・・・ というよりも、その彼女に対する気持ちでしょう

女装さんの場合、男を感じさせてくれてしまう女装さんは居るのです

わたしにとってそれは、ペニクリを感じさせることに意識の行く方と

Hするため、女装さんに近づくためなのかなと思う女装をする方だったり


でも、このときの彼女は違っていると感じていました

お話ししていたときから、女子同士という意識がわたしの中にしっかりでき

それに、浅草のあの会館に行っていると言うことだけど、なぜか自然に感じ

やっぱり、女子として受け入れていたのかなと思います


細かいやりとりは忘れてしまいましたけど・・・

駐車場に着いて、わたしは自分の車に乗って、彼女はその助手席に

つかの間の時間でしたが、女子同士でカラダの快感を求め合いました

最初はわたしの中にも、本当に大丈夫かなと言う気持ちもありましたが

いつの間にか、彼女との間に、甘いなにかを感じてしまったのも事実です


乳首中心のふれあい、お互いに甘い声を漏らしながらでした


このときからわたしは、“女装レズは無理” から、相手によってへと

男を感じてしまう女装さんは無理ですが

彼女のように、女子として受け入れられる女装さんなら・・・

そういえば思い出したこと

彼女、ご自身は受け側なので責めることは出来ないというようなお話も

このときは、お互いに受け側女子同士だったようです

(わたしの彼女へのタッチもどこかぎこちなかったかな・・・

   だって、 受け女だもの)


純男さんの場合は、わたしは、“捕らえられた女子” として

選択の自由(いわゆる、拒否する自由)はないものと思っています

それは、襲われて辱められてしまう女子のわたしとしてですが

女子からの場合は、ある意味、愛情が必要かなと思うのです

ただ、Sさまの純女さんの場合は・・・ 

そうか、その場合もわたしにとっては愛を感じてるのかなと思います


実際のところ、純女さんとの愛し合うベクトルでのレズ行為は経験なく

責められるマゾ女子と、責めてくれる女王様やお姉様という位置づけ

今回のことで、女装さんも純女さんも同様に、レズ行為というときの

わたしのスタンスがはっきりしたと思います



ふれ合っているうちに、甘い感覚がわき上がってくるような

そんな関係なら、レズビアンも可能なんだなと気づいた、夜でした


more...

line

腫れ上がった乳首と刻まれた記憶(4・了)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
line

腫れ上がった乳首と刻まれた記憶(3)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
line
line

line
プロフィール

あすか

Author:あすか
あすかの過去と今を見つめてます
2014年の夏に初めてのドライオガズムを体験したことをきっかけに、十年以上前の記憶に触れてしまい、押さえきれなくなり、ちょこっと引っ張り出したことがこのブログのきっかけです
時と場所を超えては、以前の記憶の中に刻まれたタイトルなの
いまは、ドライの体験以来、自身の女子化を進めてしまっております

内容は、わたしの性性格(自己女性化愛好症でマゾ)・・・を元にマゾな女子として自らの手だったりで行っている行為なども書いていますので、青少年の皆さん、また、女子化や、マゾ的世界がお嫌いな方は、お入りになられませぬように・・・

「きおく」以下のカテゴリは、私が過去に「時と場所を超えて」と題したHPに掲載していたものを転載しております
ある意味、「原点」に当たる部分です

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
FC2カウンター
line
検索フォーム
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line